« スプーンまげの方法 | トップページ

2012年4月 5日 (木)

念写

私が使う最も高度な超能力の1つに念写があります。

念写にもいくつかあります。

1つは思いを写真に写すこと。
これはそう難しくありません。
なぜなら思いとは念そのものなので、写真へつなげることさえ出来れば操作する力はいらないからです。

難しいのは予知的や過去のことがらを念写をすることです。

ここには自分の思いと写真をつなげるのではなく、
森羅万象と写真をつなげる必要があります。

思いの念写が
自分ー写真
であるのに対して、

予知や過去の事象を取る場合には
自分ー森羅万象ー写真
となるのです。

つなげる先が森羅万象であり、さらに森羅万象から写真へとばすという二段階の超能力が必要になるのです。

もし、この超能力に目覚めたい人は、まずは自分の思いを飛ばすことから始めましょう。

やり方をお教えします。
カメラ(本格的なものでもインスタントでもデジカメでも種類は問いません。)を最も脳に近い場所である頭に当てます。
まずは頭を空っぽにする意味で深呼吸を3回ほどしてください。

なるべく頭を空っぽにしてから、
カメラの中のフィルムに思いを集中します。

最大限に集中力が高まった段階で背を思い切り反り、
思い切り前屈みにしましょう。
その際、最もスピードの付いている丁度中間地点当たりでシャッターを押しましょう。

これまでに見たことが無い様な、現実には存在しない様な風景が映っているはずです。
それがあなたが集中して作り出した念なのです。

それでは。

« スプーンまげの方法 | トップページ

コメント

勢いつけて撮った写真やねんからそら見たことない風景なるやろ

俺もおもた。

初めまして。念写が出来るとの事ですね~良かったら私のブログに念写した写メを載せてありますので、遊びに来て下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1653136/44768055

この記事へのトラックバック一覧です: 念写:

« スプーンまげの方法 | トップページ